21歳、思うこと。

みましょうよ時間ある時にでも。ね。

冬の寒さが和らぎ、ゴリラからお手紙が届いた。

大学の終わりが近づき、なにやら寂しい雰囲気に包まれる。

 

 

 

 

なにもしなかった4年間の終わりがこんな感情になるとは、まさか思わなかった。少なくとも何もしなかったと思っていた事実はそこになく、友達との楽しい時間や必死になにかに取り組んだ時間がふつふつと蘇る。

 

 

 

 

今年の冬は一段と寒さが激しかった。それははじめての一人暮らしや新生活の見えない葛藤に影響されていたのか、そもそも寒かったのかはわからない

 

 

 

 

 

ぼくの友達が仕事の大変さに負けて「あぁ猫になりたい」といっていた。そんなに仕事というのはしんどいものなのだろうかと思う。

 

 

 

 

猫になってどうするのか。だいたい猫になったところでお前の理想の猫に感じになれるかどうかはわからないのになにをほざいているのだと思いながら食事を進める。もし理想の猫になれたとしてその景色は一体どんなもんなんだい

 

というか理想の猫ってなんなんだい?叶姉妹に飼われることかい?

 

 

もし叶姉妹にお前が飼われたとしたらそれが理想なのだろうか。少なくともお前の名前は「ふぉっかちお」みたいな思考停止ネームになるし、食事はマカロンなんかが用意される。はい終わり、なんか胃とかの数値爆上がりして終わり。はいちゃんちゃん。終了

 

 

 

 

やはり猫になりたいは賢明じゃない。あまりにも条件が悪い。

 

 

もっと自発的な、自分の意思でなにかができる動物がいいんじゃないか

 

 

 

 

 

すこし飲んで帰った昨晩ぼくのTwitterに飛び込んできたDMをみてそんなことはどうでもよくなった。

 

 

f:id:nenzalife:20190226110524p:plain

 

ゴリラからDMがきた。

 

あまりの感じたことのない感情を抑えきれずに謎の涙を流すところだった。

 

 

すくなくともわかったことは、このゴリラと知り合いであることと、このゴリラが流暢なjapaneseをspeakすることだ。

 

 

問題はこのぼくのことを敬愛しているらしいゴリラがどのゴリラなのかわからないことだ。昔家族で行った動物園のゴリラだろうか。いやそんなはずはない。あいつにあったのは、小学生かもっと小さい頃だ。いつだ、いつだ。

 

 

自分の脳みその記憶をかき分ける。そもそも日常生活にゴリラが出てこなさすぎる。#ゴリラのいる生活 じゃなさすぎる

 

 

こうなったら最後になにかゴリラに携わったときしかない。いつだゴリラ。。。ゴリラ。。。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

hanakuso.jp

 

これだ。いつだかいったサービスエリアに置いてあったクソいかれお土産ことゴリラの鼻くそ。もっとも地球上で汚そうな組み合わせである。2位は江ノ島の仮設トイレだ

 

 

 

 

ついに鼻くそがTwitterをやる時代かぁふんふんと関心したのでその鼻くそ(ゴリラ)のツイートをみてみる。

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226111801p:plain

 

 

は?????????

 

 

なにこの女子高生みたいな文章。ていうかなにその「ムショゴリ@無職のゴリラ」って。おまえそんな名前だったのか

 

 

 

かわいい〜とすごい〜の汎用性?いるかなそのツイート。ゴリラの君が。おいしいバナナの品種おしえてくれないかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226112248p:plain

 

 

おまえはなに?なんでこんなにゴリラがいっぱいいるの?まさか知らないうちにゴリラの知性がメキメキ上がってソーシャルネットワークしてんの????クロワッサン??かわいい????女子高生なの???

 

 

 

 

どうやらドブのような世界をみてしまったかもしれない。この群は特に面白いことを言うわけではないみたいだ

 

 

しかしそれでは困る。このブログを半年ぶりに立ち上げなにも考えずにバコバコと打っているぼくからしたらオチがないのは世界の終わりを意味する。まだゴリラに期待したい

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226112801p:plain

 

そうだ、その調子だ。もっとゴリラでこい。ゴリラの普通のツイートをを一体誰が見たいというんだ。飼育委員でもみないぞ

 

 

f:id:nenzalife:20190226113005p:plain

 

やればできるじゃないか。そうだそれでいいんだ。地道にやろう。おもしろいぞ。

 

いい運びだ。

 

 

 

 

もういっかい振ってからオチにつなげよう

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226113154p:plain

 

 

おまえが主役だよ。ムショゴリ。やれるじゃないか。ゴリラ。最高だよ。

 

 

 

 

 

 

 

猫になりたいとか言ってた友達にこういってやるさ。

 

「ゴリラの世界は広いぞ」ってな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共に夢を叶えよう。さぁ最愛なるゴリラよ、

 

 

 

 

 

 

 

 

この鼻くそみたいなブログにオチをつけてくれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226113642p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226113945j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226113956j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20190226114007j:plain

 

 

 

 

 

動物園という空間は果たして動物にとっていい環境と言えるのでしょうか。人間の嗜好のために本来すべきでない「芸」を行う動物。かわいいという理由から無理に繁殖を迫られる動物

 

 

 

いつしか私たちは動物の中で一番偉いという勘違いをしているのかもしれません。そしてそれは仕事をしているやつが偉い。みんなと同じことをいうやつが偉いという錯覚を生み出してしまいました。

 

 

 

動物に自由を。

 

 

このブログは世界動物に自由を協会の協賛でお送りいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すいませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21歳大学生、めちゃモテ委員長になりたくて、目を整形しました。

「お前、目ちいせえな」

 

僕が中高生の頃(特に高校生)の友達に言われ続けていたことである。

 

毎年退学者を出し、ケンカが絶えず、文化祭ともなれば怖いお兄さんがわんさかくる、ゴッサム高等学校出身の僕は毎日毎日「目開いてる?」「寝てるの?」と同級生にいわれ3年間を過ごした。

 

高校の友達はみんな卒業後早々に子供を産んだり産んだりオヤジ狩りしたりキャバクラで働いたり風俗で働いたり人殺めたりしている

 

高校生の楽少年はそういった友達からのいじりに果敢に戦っていたかと言うとそうではなく

「起きてるわ!!」

「うるせぇわ!!」

といった面白くもなんともない返事をするだけで、やんわり生きていた

 

全く楽しすぎる高校生活であった

 

・・・・・・

 

しかし、楽少年は一時期本気で悩んだことがあった

 

「目が小さいからモテない」

 

これである。目が小さいと言ういじりは少年のマインドを形成し、なんとも滑稽な責任転嫁を行なった。目がデケェだけでモテるわけないだろ

彼は本気で悩んでいた。「目が小さいから…」と常につぶやき、アイプチをしようかと考えた時もあった。というか女友達に借りたこともあったが、僕のその重い重いまぶたはアイプチなどという可愛い名前のものでは、どうにもできなかった。がっつりだった。アイガッツリが必要だった(?)

 

でもやはり高校生っていうのはモテたいものだ。友達は後輩からキャーキャー言われてたし、僕だって文化祭の後にこっそり告白とかされたかった。されたかったYO

 

f:id:nenzalife:20180906145544j:plain

上記の写真は今から5年くらい前の楽少年である。

心なしか目を見開いている気もする。全く虚しい努力だよ、俺。

この頃私立恵比寿中学にどハマりしていて、ぁぃぁぃが好きだった。

 

f:id:nenzalife:20180906150412j:plain

ちなみにそれから2年後の僕である。

ハロウィンに本気を出したバカはマッチ棒の格好で立川駅に繰り出した。彼に浴びせられたものは冷ややかな目線と地元の友達の小笑い、米軍基地の外国人の「Oh…awsome!!」だった。

モテることに本気を出せよ

 

・・・・・・

 

時は立ち、21歳になった。

本日おやすみなので昼間からインターネットをしているととあるアニメに出会った

「めちゃモテ委員長」の画像検索結果

極上!!めちゃモテ委員長(ごくじょう めちゃモテいいんちょう)は、にしむらともこによる日本漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメゲーム作品。

ちゃお』(小学館2006年1月号から2014年1月号まで連載された。全3回か全6回、あるいは6話まとめのシリーズものしか連載経験のなかった作者にとって初のロングラン連載となった。ただし、タイトルは5回以上で一区切りした上で、一部を変えている。また、2006年12月号、2008年3月号、2011年10 - 11月号、2012年6 - 7月号・12月号 - 2013年1月号・8月号 - 9月号は休載した。なお、『ちゃお』の増刊『ちゃおデラックス』(同)にも1話完結の番外編を発表している。

作中には「めちゃモテ講座」というファッションメイク、エチケットや礼儀作法等を啓蒙するコーナーがある。

テレビアニメ化されたほか、ゲームソフトおよびカードゲームが発売されていた。また、テレビアニメ化に伴い、小学館の学年別学習雑誌のひとつである『小学二年生』でも2009年4月号から2011年3月号まで連載されていた。こちらは池田多恵子が漫画を担当し、内容は原作を踏襲しているが、小学2年生の子供向けに要約・内容の平易化が図られていた。また、『小学三年生』・『小学四年生』(この2誌は2012年3月号限りで休刊)や『ぷっちぐみ』にも『めちゃモテ委員長』関連の情報が掲載され、『ぷっちぐみ』は2009年4月号から2011年4月号まで定期的に、『小学一年生』は2009年4月号から2010年2月号まで不定期に情報が掲載されていた。『小学六年生』にも同年4月号のみ掲載された。さらに小学館の幼児誌『幼稚園』にも2009年6月号にのみ、アニメ版をもとにしたページが掲載された。

単行本は全17巻で2012年に完結したが、2013年からは『新・極上!!めちゃモテ委員長』というタイトルで全5巻が刊行されている。さらに2014年8月から、ちゃおランドサイト内でウェブ連載となり2015年6月2日に完結した。

シリーズタイトル[編集]

 

 

めちゃモテ委員長である。

なんとも懐かしいその語感に体が震えた。きらりんレボリューションとかと同じ位置ずけのこのアニメは学園モノであり、ざっと見た感じだとこの主人公の女の子がモテる。多分そんな話なんだろう。

同じ高校を生きたものとして、めちゃモテ委員長には共感する部分もあった。ほぼみてないが

 

 

ではなぜこの委員長はこんなにモテるのか。答えは明白だ

 

f:id:nenzalife:20180906151928j:plain

 

そう目が大きいのだ。大きい。大きすぎる。

 

「めちゃモテ委員長」の画像検索結果

 

でかい、目がすごいでかい。

 

というか、目がすごく下にある。気持ち悪い。レゴみたい。

 

関連画像

 

 

 

 

でかい

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906145544j:plain

 

 

 

 

ちいさい

 

 

「めちゃモテ委員長」の画像検索結果

 

 

でかい

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906152608j:plain

 

 

 

ちいさい

 

 

 

・・・・・・・

 

本題に入ろう

前置きだけで2500字も書いてしまった。読者40人しかいないのに。

 

 

21歳になった僕は思うことがあるのだ。

 

「目が小さくてモテなかった高校時代、もし目が大きかったら、めちゃモテだったんじゃね!?!?」 

 

モテる人のイラスト(男性)

 

これである。

高校生の僕の悩みを成仏する意味も込めて

I wanna JOBUTU my memory's

 

 

 

スベったところでやっていこう

 

極上!!めちゃモテ委員長

 

 

上記の通り、めちゃモテ委員長はシリーズ化されており、最新になるにつれて目が大きくなっている気がする。

 

初めはシリーズ1作目「極上‼︎めちゃモテ委員長」だぁ!

 

「めちゃモテ委員長」の画像検索結果

 

既にだいぶ大きいですがこのサイズに合わせて、楽少年をめちゃモテに変えていこう。

 

 

 

 

 

 

 

「めちゃモテ委員長 決め台詞」の画像検索結果

 

 

めちゃモテポイント注入〜♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906154548j:plain

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906155243j:plain

 

どうだろうか。画面の前のあなた。どうしますか。この感じ。

 

無事極上!!めちゃモテ楽少年が誕生した。早速気持ちが悪くなってしまった。どうしよう

f:id:nenzalife:20180906160117j:plain

元画像と比較するとかなり大きくなっていることがわかる。

しかし、めちゃモテ委員長にはまだ及ばず、努力あるのみだぽよん(?)

 

だって極上!!めちゃモテ委員長

シリーズ3作目の「だって極上!!めちゃモテ委員長」の登場である。

「だって極上 めちゃモテ委員長」の画像検索結果

 

目というより虫っぽい気もするが、明らかに1作目より目が大きくなっている。これは期待できるのではないだろうか。

 

それでは急ぎ気味ではあるが、やっていこう。

 

 

 

「めちゃモテ委員長 決め台詞」の画像検索結果

 

 

めちゃモテポイント注入〜♡♡

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906160909j:plain

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906160918j:plain

 

目の持つ含有量の限界に達した。目に対して含有量なんていうのかはわからない。

念願の大きい目を手にした。最高の気分である。なんでもできそうだ。

 

f:id:nenzalife:20180906161104j:plain

一目瞭然とはこのことだ。すごくかわいい。愛くるしい。あぁ、最高。整形最高。

 

しかしなんだこの感情は…。

 

もっといじりたい。

 

もっと大きくしたい。

 

なんだこれは…。

 

ぐぐっと極上!!めちゃモテ委員長

シリーズは6作目に突入、もはやぐぐっとの意味は全くわからないが、モテるためには尽力しましょう。そうしましょう。

 

「だって極上 めちゃモテ委員長」の画像検索結果

 

この頃になると目が大きいとかなんかよりも、

目というものは目立ってなんぼ

という筆者の強い気持ちが伺える。

隣のハムスターに関しては目の主張が激しすぎる。

 

目でインパクトを与える。

 

目という概念をぶちこわす。

 

やっていこう。

 

 

「めちゃモテ委員長 決め台詞」の画像検索結果

 

 

めちゃモテポイント注入〜♡♡

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906162321j:plain

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906162329j:plain

 

 

ピカソだ。ピカソが誕生した。

 

 

 

「ピカソ 」の画像検索結果

*1

f:id:nenzalife:20180906162624j:plain

 

 

 

芸術。

 

 

アートの原点。

 

 

 

目。

 

 

人々を魅了する。

 

 

目。

 

 

モテるために目を大きくするなんてなんて愚かなんだろう。

 

 

 

目。

 

 

 

それは宇宙。

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906163318j:plain

宇宙人。

 

 

もはや宇宙人。

 

 

気持ち悪い。

 

宇宙人。

 

 

気持ち悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

f:id:nenzalife:20180906163724j:plain

あなたはコンプレックスを持っているだろうか。それをバカにされて嫌な思いをしたことはあるだろうか。

 

 

 

でも大丈夫。

 

 

人間はみんな悩んで生きている

 

 

あなたの抱えている大きな大きな悩みも

 

 

宇宙に比べたらちっぽけなものさ。

 

 

 

大丈夫。

 

 

 

それでも悩んだ時

 

 

 

 

 

嫌なことがあった時は

 

 

 

 

 

宇宙を思いだそうよ

 

 

 

 

そしてこういうんだ

 

 

 

 

 

あのエイリアン、めっちゃ鋭利やん」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3時間もかかってもうた、時間の無駄だ。圧倒的なオチ浮かばな構成で無事死亡。映画SUNNYみましたか。すごくおすすめ。大根作品はいいよなあ。

 

 

 

本日のエンディング

CHARA・やさしい気持ち


Chara - Yasashii Kimochi

 

 

twitter:__nenza

算数の文章問題、大人になってしっかり考えると深い

「テキーラショット」の画像検索結果

 

世の中にはおかしいことが多過ぎる

 

かつて2013サマソニだかのももクロのステージで百田夏菜子ちゃんがいっていたことをふと思い出す

 

 

確かに多いかもしれない

 

かつて、子どもの頃わたしたちはなんの疑いもなく行ってきたことが、大人になってからおかしいと思ったことはないだろうか

 

きっと理不尽といつも戦いながらいきていかなければならないんだろうし、そういうもんなんだろうなぁ

 

そんなことを考えながら電車は目的地に着き、他の乗降客を待ってから降りる

 

憂鬱な気持ちに追い打ちをかけるように、段差の多い階段を登り、改札へ向かう

 

 

そして改札を抜けたころ、どこかでだれかが言っていたこんな疑問が脳裏をよぎった

「算数の文章問題なんか変じゃね?」

 

突然のネタ提供である。大いに喜んだ。

少し好意のあるイケメンと2人で歩いていた由美が前に散歩しているプードルを見つけ、「えぇ〜プードルだぁ!!かんわいぃ〜〜〜!!触っていいですか?スンスンスンええぇシュガーちゃんって言うんですかぁ〜かわいいぃ!!!」のごとく喜んだ

由美が誰かわからないけどすごく喜んだ。ローマ字表記でyorokonnda 

 

今回は算数の問題をもう一度見直そう、そんな記事である

 

さぁ、ここまで400文字も読んでいるそこの君。一緒に小学校時代を思い出してはみないかい。タイムスリップの始まりだ。

 

算数(さんすう、elementary mathematics)は 日本の小学校における教科の一つ。広義には各国の初等教育における一分野も指す。

算数の先生はだいたい怖い。

 

第一問

f:id:nenzalife:20180830110750p:plain

出典:https://happylilac.net

 

 


小学校1年生に出題される問題である。小鳥をの数を数えるという能力が求められる。 


問題に表記されている図を見れば一目瞭然である。答えはこちらだ 

 

f:id:nenzalife:20180830111338p:plain

21歳児をなめているのか文部科学省

ボケ無し、面白ポイント無しでターンエンドである。

 

 第二問

f:id:nenzalife:20180830112046p:plain

 

同じく小学1年生に出題された問題である。

急に含みを持たせてきたように思える。文部科学省からの挑戦状である。問題を紐解いてみよう 

 

こどもが 5にんいます。

いいだろう、非常に簡単な日本語である。こどもが5にんいる以外のなんでもなく、そこにこどもがそんざいする、ということがわかる。コンプライアンス的な観点から”おこさま”にするとなお良いがまあいいだろう。

 

 そこに 4にん きました。

急にわからない。怖い。一体誰がきたというのだろうか。

普段ならば「そこにこどもが 4にん きました」と表記するはずの文部科学省があえてこのような文言で挑戦してきた。 

 

 

仮にレコバアドリアーノマルティンスヴィエリというインテル最強4トップが現れたとしよう 

 

ウイイレ8でしか見たことのない夢のラインナップ。バイタルエリアを開ければアドリアーノミドルシュート、サイドにスペースを開ければマルティンスの駆け上がり、クロスを上げられればレコバヴィエリの得点能力。  

 

 

ワールドサッカー ウイニングイレブン8

ワールドサッカー ウイニングイレブン8

 

 

 

  目の前でゲームでしか、見ることのできないプレーを体感したこども5にんは、たちまち大人のメンタルを身につけることだろう  

 

 

こどもは, みんなで なんにんに なりましたか。

愚問である。彼らはこどもを抜け出し、大人のメンタルを身につけた。そこには”おこさま”とコンプライアンス表記されていた姿はなく、こんな言葉がお似合いだろう 

 

 

「アスリート」

 

 

 よって答えはこれだ

 

 

 f:id:nenzalife:20180830114557p:plain 

 

もはや、国の大きな問題になり上がった、少子高齢化を揶揄したいい問題であった。 

 

 

 

第三問

 

f:id:nenzalife:20180831103258p:plain

問題は飛躍し、小学5年生からのものである。

 

文章題の問題のコツとしては、情景を読むことが肝とされる。これは算数の文章問題のみならず、現代文の問題でもそうだが、

 

文章から何を伝えたいか

出題者の思いを感じる

 

この2点が問題達成の近道となるはずだ。

では情景を考えていこう。

 

・・・・・・

 

由美は高校を卒業し、この春から大学に入ったばっかだった。

第一志望の大学は合格できなかったけれど、実家からそう遠くない滑り止めで受けた”だけ”という大学に進学した。

家族構成は父、母、由美の3人で母とは仲がいいが、父とはもう1年近く話していない。小さい頃はよく父と遊んだ記憶があるが、いつからこんな風になってしまったのだろう。由美は不思議に思うが、そんなに重要なことでもないと思い、今日の6時から始まるテニスサークルの新入生歓迎会に向かうべく支度をしていた。

支度を終え、玄関に向かい靴を履こうとした時、後ろから声がした。

 

「酒、飲んだらダメだぞ由美」

父だった。何年も聞いてないように錯覚させるその声は少し震えていたようにも思う

 

「お父さんには関係ないじゃん」

一年ぶりにお父さんと呼んだことに少し恥ずかしささえ覚えた由美だったが、反抗的な返しをした。もう18歳になった。法的には飲酒は違法だが、周りの友達はもうとっくに飲んでいるし、由美もこの日に初めてお酒を飲むと楽しみにしていたからだ。

 

バタンッ

反抗した後、気まずさから父の顔を見ることのなかったが、ドアが閉まる直前にふと振り返ると、父は少し切ないような表情をしていた。初めて見た顔だった。

 

 

新入生歓迎会が始まった。一通りの挨拶を終え、なんとなく隣にいた子に声をかけ、お酒を頼む。由美はジンジャエールを頼んだ。なんとなく、胸がモヤモヤしたからだ。

あんなに楽しみにしていたお酒なのに自分は何をしているのだろう。次こそはお酒を頼もうと決心した由美のもとになにやら1人の男が近づいてきた。

 

「由美ちゃんって言うんだぁ。呑んでる??」

マサキさんと名乗る男が近づいてきた。酒臭い。素直にそう思った。由美の胸につけたネームプレートを確認して近づいてきたマサキさんは由美のジンジャエールを見てこういった

 

「ノンアルじゃあん!由美ちゃんこれ飲んでみ、カシオレ、美味しいから」

マサキさんは由美にお酒を進める。あんなに飲みたかったお酒が嫌に感じた。あまりにも濃い紫色をしているそれはアルコール度数が濃いことが目に見えてわかった。

 

「私には、強すぎるかもしれません」

由美は、絞り出した声でこう言った

 

「えぇ?平気だよ、このカクテル1Lあたり0,79kgのアルコールだから」

マサキさんはいう。周りのマサキの同級生はまた女口説いてるよ、と静かに笑う。

 

「0,03Lだけ飲んでみなよ、ね、ね!!」

口調を荒げたマサキさんに由美は怯む。味方は誰もいない。ただ由美とマサキさんのみが存在するようなそんな錯覚に陥っていた。

 

その時、なぜか父の顔を思い出した。小さい頃は仲が良かった。今の関係になってしまったのも、思い出せば由美が中学生の頃、夜遅くに帰宅した時からだった。心配した父と、反抗期だった由美が言い争いをしたことから始まった。

 

いつだって父は私のことを心配してくれていた

 

由美はハッとした。そして勇気を振り絞ってマサキさんに向かって、こんな答えを出した。

 

 

 

 

 

f:id:nenzalife:20180831111853p:plain

運ばれてきたテキーラをマサキさんと重ね合わせて、一気に飲み干す。苦そうなマサキさんを横目に冷静にライムをかじる由美。初めて飲んだ酒はなにか嫌なことを解決してくれそうな気がした。

その後も飲み続ける由美とマサキさん、酒に溺れた2人は理性を失い、夜の街へと消えた。由美は抱かれた。

 

 

 

 

 

「酒飲んだらダメだぞ、由紀」

マサキさんは娘にそう言った。

 

「お父さんには関係ないじゃん」

娘の由紀はそう返す。なんだか最近反抗的な娘に昔を思い出す。

 

バタンッ

扉が強く閉まる。春は始まったばかりだ。

 

 

「関係、ないか…。」

小さく呟くと、キッチンで忙しく夕食の準備をしている由美のもとへ駆け寄る。由美はすでに食前酒の準備を始めていて、マサキさんに差し出す。

 

チンッ

2人はグラスを合わせる。2人のきまりはいつも0.03Lのテキーラショット。ちょうどショットグラス一杯ぶんだ。

 

このアルコールの重さは一体どれくらいだろうか。

 

君には解けるかな?

 

それでは聞いていただきましょう、本日のエンディング
私立恵比寿中学 『大人はわかってくれない』

 

FIN

すいませんでした

可処分時間についての非常に真面目な考察

「お米」の画像検索結果

新しい職場の勤務が始まって3日。

 

めまぐるしく過ぎる日々に戸惑い、乗り越えながらここ3日過ごしてる

実質社会人的なものになっているのだが、ひとつ気が付いたことがある。

 

時間んんんんんんええええねえええええ!!1

 

時間がない。

もちろんあるんだけど、24時間あるんだけど全くない。毎日8時間以上働いて、通勤時間で往復ドアドア3時間、睡眠7時間、飯1時間、たまごっち1時間、英語の勉強2時間、たまごっち2時間、時間ないじゃんね。

 

今日も例外なく時間ない。

ブログも書く時間ない。

 

いま18時42分。

 

友達が立川に19時に来るから時間がマジでない。

 

ここ最近3時間くらいかけてグフグフにやけながら打っていた時間が惜しい。たまごっちにあてられたじゃないか

 

いま18時43分

19時までに思うことを書いていこう。あ、クオリティとかひくいです、というかかんけつするかどうかわかりません見直しもしません、

 

・・・・

今働いているところはいわゆるスポーツ業界で夢を与える仕事といわれている。もちろん某ディズニーラン○や某富士急ハイランド○みたいな派手な所に比べたらめちゃめちゃ地味な世界かもしれない

 

でもそんな地味な仕事に誇りをもち、一生懸命その地域の方に夢を持ってもらえるような立ち位置に、なんとかしがみつくことができている。この現実は本当に嬉しく、小さい頃からやりたかったことが、大人になっても変わらず、やれていることは感慨深くも感じる

 

しかし、ディズニーランドには及ばない

 

いま18時49分

 

可処分時間とかいうらしいんですけど、要は娯楽に使える時間やらなんやらはエンタメ業界で奪い合っている関係である

 

つまり、エンタメ業界で生き残るためには何が必要なのか

 

顧客にとっての''日常化''なのではないでしょうか

・・・・・・・・

彼女にするなら美人か普通の娘か

 

そんな二択があったとしよう

 

あなたは、いや私も当然美人と答えるだろう。そりゃそうだ。石原さとみが毎日ご飯作ってくれたらなんて幸せだし、インスタに載せるわな。#石原さとみのいる生活 だわな

 

だけど先人には、こんなことわざがある

 

美人は三日で飽きる

 

そう、これこそが真理なのだ

 

美人は三日で飽きる、その言葉の通り、派手で一見誰もが羨ましがる存在は一瞬で己の流行が過ぎ去るとともに、飽きる。

 

それに比べて普通の娘は毎日美味しいご飯、靴磨き、あなたのことを思ってくれるいい娘なのだから、結婚の際にはそんな娘を選びなさい。

 

と、先人は言う

 

待ってほしい

 

なぜ、美人はご飯が上手くないと決めつける?

 

なぜ、美人は靴を磨かないと決めつける?

 

もしかして、めちゃめちゃ靴磨きフェチの美人かもしれないじゃないか

 

石原さとみの趣味は公式ではおかし作りとかかもしれないが実際は、一日中靴を磨きまくり、自作のクリームまで作る会社をひそかに立ち上げていた、芸名石原さとみ、本名靴原磨きみかもしれないじゃないか

 

本当に派手な方は飽きるか??

・・・・・・・・・

 

ここに22歳Fカップの女性と美味しいお米がある

 

あなたはどっちを取るのか、

 

どっちを取るのか。

 

ここでこのもんだいの本質がはっきりした

 

22歳Fカップは一見派手であり、ほしい

 

しかし、日常で必要だろうか

 

一方お米は地味である

 

が、絶対に必要だ

 

そう、可処分時間とは少し違うが、要はこんな感じのことで、日常にあるものはやはり強く定期的な収益が見込める、そういった話だ

 

言うまでもなく日常に必要なのは、2…19時00分さらばだ

 

twitter:__nenza

立川で一番おいしい定食屋さんを、紹介します。

なにやら秋の訪れのようだ

 

つい最近までアツアツボンバーとウェイが叫び回り、セミがミンミン泣いていた夏が突然終わりを告げたように思う。これは夏の小休憩だろうか

 

慣れ死んだ最強city立川を歩いているとお腹が空いたことに気がつく

 

そうだ、そんなときはあの定食屋に行こう

 

・・・・・

 

自動ドアのくせに自動で開かない扉を開けると、なにやら騒がしい店内であり、まだ18時半だというのに定食屋で酔っ払っているTHE立川なおじさんと店主のおじさんがおしゃべりに花を咲かせていた

 

「いらっしゃい、よく来たね」

 

声の方へ目をやると、背の小さなおばさんが両手に生ビールを持って、とことこやって来た。

 

「少し待っていてね」

 

彼女はこの店で働いている方で、おそらく店主の奥さんなのだろう。背は小さく、言葉遣いは丁寧、まさにお母さんといった方だ。その"お母さん"を求め、たくさんのお客さんがここの定食屋を訪れる。この店では、お客、皆が子供になる。そんな店なのだ

 

 

www.tamatebakonet.jp

 

空いた席に腰をかける、オーダーはもう決まっている。にんにく辛味噌丼¥550だ。決して広くはない店内を忙しく駆け回るおばさんをやっとの思いで捕まえ、オーダーをする。

 

「はい、少し待っていてね」

 

動き半分で、聞いているかわからないおばさんの返事を聴き終えると僕はとくにやることもないのでぼーっとしながら待つことにした

 

にんにく辛味噌丼はこの店の名物丼で、メディアの取材も受けているらしく、店内には雑誌の切り抜きのようなものも貼られていた

 

待っている間も、おばさんはせわしく店内を動き、ビールをサーバーから注ぎ、笑顔でお客に提供する。味はもちろん美味しいのだが、このおばさんの人柄に惹かれて、この雰囲気を味わうためにお店に足を運ぶお客も多いことだろう

 

接客はマニュアルだけではないな、そう思うのだった。

 

昔ながらのちいさいテレビに流れるバラエティ番組を見ながら僕は空腹と将来の不安と夏の終わりといろんな感情が押し寄せ、なんだか言葉で表せない感情になった

 

目をバラエティ番組から、携帯に移す。インスタには、海に行った高校の後輩やら、最近インスタグラマーになったらしい友達がいいねを得ようと必死に努力している姿が垣間見えた

 

お洒落さんと繋がりたいことなんて人生で一度も思ったことのない自分だったが、友達の投稿なので「いいね」を押すことにした。同時になんだか、少し寂しい気持ちにもなった

 

このおばさんも若い頃はお洒落さんと繋がりたかったのだろうか、どうでもいいか

・・・・・

 

厨房から漂ってくる肉の匂いが、空腹を助長する。

 

「お待ちどうさま、待たせて申し訳ないねぇ」

 

低姿勢すぎる、そんな印象すら感じるおばさんは、満面の笑みでこちらへ語りかけてきた

 

なにやら先に味噌汁が運ばれてきた

 

「いま持ってくるからね」

 

ズズッと味噌汁をすすり、今か今かと料理を待っていると、おばさんは先ほどと同じように申し訳ないという旨を伝えながら、低姿勢に、「熱いから気をつけてね」という本当のお母さんかと錯覚させるほどの心地良いセリフとともに、からあげ定食を持ってきた

 

それはそれは見事なからあげ定食であった

 

 

・・・・・

 

 

「にんにく辛味噌丼で」

 

もしかしたらからあげ定食に聞こえるかもしれない

 

「ninnniku karamiso don」

「karaage teisyoku」

 

いや、似てない似てない

バナナマン設楽さんの芹那のモノマネくらい似ていない

 

辛味噌の”kara”の部分が奇跡的なおばさん判定の元、からあげとなってしまったのだろうか

 

そんなバカな

 

それだとK-POPで一世を風靡したアーティスト”KARA”はめでたく”KARAAGE”となってしまい脂っこい名前を背負い、ペンギンダンスを踊らなければならないじゃないか

 

なんてことだ、これは大問題だ

 

・・・・・

 

そして、もう一つ、大きな大問題がある

 

この記事の面白ポイントが、からあげ定食のみでこれ以上面白いこともなければ、オチもない、そして当然ながらどう終わっていいかわからないのであり、そのからあげ定食の件もそんなに面白いというわけではないのだ

 

これは困った

 

嘘をつこうか、いや、ダメだダメだ、前回も嘘をついている。さすがにダメだ。からあげ定食のところも書く前は絶対の自信があったが、あまり面白くない。その証拠に画面の前のあなたは今、笑っていない。あぁ悔しい、笑わせたい。あぁ♡

 

おい、

 

おいお前、エクセルシオール立川北口店で、学校の課題をしているお前、高校生らしきお前、なんかしてくれ

 

実はお前の歯が全て入れ歯でその入れ歯をおもむろに外して、僕のアイスティーにディップしたあとムシャムシャ食べるみたいな、そういうのしてくれ

 

もしくは、待ち合わせの彼女が、ガーナ人みたいな、そういった強烈なやつ。くれぃ

 

 

頼む

 

 

 

どうしたらいいんだ、オチ

 

 

 

あぁ

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

「ありがとう、からあげ定食、550円ね」

 

やはり外は秋を感じさせる気候で、半袖で家を出た自分を少し悔やむ。

 

手動で重い扉を閉め、一息つくと、なにやら後ろから声がした

 

「待ちな、小僧」

 

振り返ると、おばさんがたっていた。しかし、なにか雰囲気が違った

 

街のお母さん、先ほどまでのあの優しい顔つきはどこへやら、そこにいたのは好戦的な女性、ポケモントレーナーのマキコだった

 

「あんた、ここから先に行くにはあたしを倒してからいきな」

 

そういうと、マキコはゴーリキーをくりだした

「ゴーリキー」の画像検索結果

 

僕はポケモンを持っていなかった。さっきポケモンセンターに預けていたばっかだったのだ。

 

やれやれ、

 

メキ

 

メキメキ

 

メキメキメキメキ

 

ガシャ、ガシャーン

 

「ゴローニャ」の画像検索結果

僕は、ゴローニャに進化した

 

 

 

 

 

ゴーリキー、きあいパンチ」

 

 

 

ドン、僕は死んだ。

 

 

ポケットモンスター最新作、2019年発売予定。

みなさん、ぜひ。

 

 

 

twitter:__nenza

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京葉線への長い通路でカエルに出会った

 

 

本格的な夏、というか暑すぎる夏が始まり、世間は夏休みに入った。

 

あなたはご家族と旅行だろうか、恋人と海に行くのだろうか、それともカブトムシを山まで取りに行くのだろうか。いずれにしても心は踊り、人々は浮かれまくる。

 

だが私は、こう思う。

 

「学生よ、勉学はいいのかい?」

 

あまりに普遍的かつ当然の疑問であることはいうまでもない。義務教育を終え、高校に通い、その後、なんの迷いもなく大学へ進学。大学では遊び倒し、親から支給された多額の学費に感謝の感情も抱かずに、なにかと理由をつけて学校をサボる、サボる、サボる

 

いいのか、そんなので

 

 

 

違う、夏。

 

 

 

違う。そんなんじゃない。

 

 

 

なんのために大学に来たのだろうか、友達の飲みに行くためではないだろう、飲み会を「呑み会」と称し、SNSに投稿するためではないだろう、ただのサボりを自主休講とかいう文言とともにSNSに投稿するためではないだろう

 

 

変わるんだ

 

 

そんな気持ちをもちつつ、私はあの場所へ向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

rblog-20150428140643-00.jpg

ご存知、東京ディズニーランドでぇす

 

浮かれポンチであります

 

浮かれも浮かれ、浮かれまくりちょっと浮いちゃっているんでないですか?という声も聞こえそうなところディズニーにこの度めでたく行ってまいりました

 

この記事は、大学生が夏休みになったからディズニーに行ったという記事であり、その訪れた1日を時系列で書き上げ、ディズニーのステマどころか隠れることもせずに宣伝。すなわちこの記事はディズニーの「マ」であり、すなわちこの「マ」はマーケティングの略称である、すなわち無計画でばこばこ書きなぐっているといういつも通りでありすなわttttttttttttttt

 

 

 

8月3日

 

おはようございます、時刻は7時前の立川駅

幾多の通勤客がひしめく立川駅発の中央線に乗り込み、乗り換え駅は東京駅に向かうが道中面白ことがあるわけでもなく、痴漢が起こるわけでもなく、隣に上質な岩が乗ってくることもないので割愛

 

omonihizanouragakayui.hatenablog.jp

上質な岩はこちら

 

 

時刻は8時過ぎの東京駅、京葉線に乗り換えるべく、中央線をおり、久しぶりのディズニーに胸を躍らせながら中央線の長い長いエスカレーターを降りる。まだ人の並んでいないお土産街を通り過ぎ、お盆前で憂鬱そうな通勤客を横目に、僕は夢の国に連れてって行く電車こと京葉線、英語でkeiyou line、逆から読んだらenil uoyiek、無理やり読んでエニル・ウオイエックに乗るため、ホームに向かう

 

その時、なにか、非常に言葉で表しにくい匂いがした。なんだこの匂い、臭いのは確かである。青い臭さだ、なにか水草のような、というか池のような、激しく鼻をつまむほどでもないのだが池のような、梅雨の香り、ああ、これあれだ

「かえる…?」

 

大人のカエルのイラスト(カエルの成長)

カエルの匂いがした

カエル嗅いだことないけど。正確にはカエルっぽい匂いがした、匂いっていうか臭いが正しい気がするくらいになんとも微妙なFLAVORがMEのNOSEにINしてきてTYOTTO IYANA KIBUNになった

 

通勤客しかいないような東京駅構内は当然ながら帰るの住む池なんてものはない。この臭いはどこから発生させられているのだろうか。気になる。「東京駅deカエルお散歩サークル」みたいなイかれた団体があればいいのだが、そんなのはいるはずもなく、ただ残されているのは、頭の中がカエルのことでいっぱいだ。という事実のみであった

 

そんなことを思っていながらも、足を進め新幹線ホームを抜けいよいよ京葉線のホームに向かうために動く歩道がある通路へエスカレーターで降りようかという時に、高校生くらいだろうか、それくらいの歳の女の子が突如として横入りしてきた

 

その女の子は携帯を使用していたようで、僕の存在に気がつかなかったみたいだ。まぁよい、ここは大きな器で許そう。そんなことを思いながら下りエスカレーターの前に入った女の子は緑色のノースリーブのトップスを着ていた

「緑色…かえる…??」

大人のカエルのイラスト(カエルの成長)

(ハベリィ) Haberry ノースリーブ タートル ネック トップス カットソー レディース 緑 ミドリ 緑色 ミドリイロ グリーン (free, グリーン)

 

カエルだった、いや訂正しよう。この子はカエルなのかもしれない、しれないぞぞぞ。

 

そんなバカなことないことはわかっている。この子がカエルじゃないことくらい。わかっている。ブログのために事実を捏造することは本当に良くない。絶対にしてはならない

 

でも、カエルみたいな顔の可能性は十分にある。カエル顔の女の子は結構いる。それで十分だ、女の子よ、お顔を見せてはくれないかな。あなたの顔がカエル似ならば、僕はブログを書くことができるんだ

 

エスカレーターが下についた。一呼吸し、女の子の顔を違和感なく見る方法を模索した。

 

結果、さりげなく女の子を追い越し、その後誰かに呼ばれたふりをし、振り返るという違和感を極限までなくし、かつ確実に顔を見ることができる作戦に落ち着いた

 

チャンスは一回のみ、彼女を追い越すのはあの長い長い通路の終わり頃にしよう、それがいい。

 

残り300mはあろうかという通路を男は進んだ

 

残り200m

女の子は相変わらず僕の5mほど前にいる。歩くスピードはやや遅く、歩幅を合わせるのは一苦労であった。はたから見たら立派なストーカーもとい変質者なんだろうけど、今この状況ではカエルと私。さな東京駅deカエルお散歩サークルの爆誕により事なきを得た。

 

残り150m

ゆっくりと歩く、イカれサークルは多くの人々に追い越されて行く。

京葉線に向かうものは、通勤客と観光客でごっちゃになりカオスになっていた。その通勤客のサラリーマン2人が並んで歩きながらこんなことを言った

「はぁ〜帰りてぇな」「そうですねぇ」

 

「帰りてぇ、帰る、カエル…??」

大人のカエルのイラスト(カエルの成長)

(ハベリィ) Haberry ノースリーブ タートル ネック トップス カットソー レディース 緑 ミドリ 緑色 ミドリイロ グリーン (free, グリーン)

 

挨拶をしているサラリーマンのイラスト

言ったか言ってないかは定かではない、しかしこんなことを言っていた気がするのだ。この日は金曜日、誰もが帰りたいはずであり、このセリフを言った可能性は極めて高い。

 

カエルが脳を完全に支配していた。このサラリーマンの発言は確かに僕を勇気付け、MOTIVATIONをUPしてくれた、頑張れ、負けるな

 

残り100m

サラリーマンに静かな別れを告げ、目の前には外国人ファミリーが現れた。ベビーカーを押し、ゆっくり進むその家族を追い越そうかという時、そのファミリーのお父さんがこんなことを言った

「Ah..I wanna change my wife.....」

 

「change my wife…妻を変える…かえる??」

大人のカエルのイラスト(カエルの成長)

 

(ハベリィ) Haberry ノースリーブ タートル ネック トップス カットソー レディース 緑 ミドリ 緑色 ミドリイロ グリーン (free, グリーン)

挨拶をしているサラリーマンのイラスト

f:id:nenzalife:20180814145157p:plain

 

嘘をついたかもしれない、サラリーマンのが嘘10%だとしたらこのお父さんの発言は嘘60%くらいである。

 

しかしこのお父さんは確実に「change」という言葉を発し、何かをカエルことを奥様に訴えていたのだ。

 

みんなが応援してくれていた。大丈夫、あの女の子はカエルだよと2人のサラリーマンが、アナタ、カエル、ダイスキネと外国人ファミリーが言ってくれていた。

 

チャンスは1回のみ、生きるか死ぬか、全てをかけるしかない。さぁもうすぐだ。

 

残り50m

黄色い声援を受け、さあ間も無く作戦を実行するぞという時だった。右腕には像の牙、左腕にはドリンクバーを装着した錦糸町の無料案内所で働くという趣味はサイクリング、好きな食べものは甘いもの全般、好きなアーティストは倖田來未というネパール人が竹馬に乗りながら「ナンのおかわりはいるか?」と声をかけてきた

 

気分的にナンではなかった僕は「ライスではダメなのか?」と聞くとそのネパール人はこう言った。

 

「ライスへの変更も可能だ」

 

「変更…change...変える…カエル??」

 

大人のカエルのイラスト(カエルの成長)

(ハベリィ) Haberry ノースリーブ タートル ネック トップス カットソー レディース 緑 ミドリ 緑色 ミドリイロ グリーン (free, グリーン)

挨拶をしているサラリーマンのイラスト

 

 

f:id:nenzalife:20180814145157p:plain

「ネパール人 フリー素材」の画像検索結果

「ナン フリー素材」の画像検索結果

 

これは完全な嘘である。

 

 

しかし、いたかもしれない。それくらいの高揚感であった。そもそもいないとかいるとか、そういう話じゃない。これはもっと大きな宇宙の話なんだ。そう宇宙。それくらいカエルに夢中だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通路は終わりを告げる、京葉線への長い道のりを歩ききり、5m間隔を保ってきたそれを徐々に縮め、僕は加速した。

 

「いっけぇぇぇぇぇlぇえぇぇQ!!!!!!!!1」

 

心の中でそう叫び、数多くの観衆が声を荒げた

 

「いけ!ガク!」

ありがとうサラリーマン!

 

「アナタ、キットデキル」

ファミリー、、、ディズニー楽しめよ!

 

「ライスおかわり、お待たせしました」

ネパール、、、

 

 

その他、多くの目が東京駅deカエルお散歩サークルに向けられており、僕はついに女の子を追い越した。フッと一息ついた後、首に全神経を集中させ、じわりじわりとゆっくり首を回転させる。世界が無音になり、今度は全神経が眼球に集中する。メキメキメキと目の血管がちぎれる音がした。あまりの状況の急変に目が対応できなかったのである。僕は失明をし、病院に運ばれた。そして女の子の顔がカエルだったのか、確認することはもう2度とできなかったのである。

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

twitter:__nenza

 

謎の言葉「スタコラサッサ」が教えてくれたこと

f:id:nenzalife:20180806213945p:image

 

擬音

(放送や演劇で)実際の音に似せて、道具を使って作り出す音。

 

絶対おかしい

 

日本語において状況を判断するべく用いられるもの、擬音。これが絶対に圧倒的におかしいと思う

 

いや、もちろん全てが全ておかしいのではなく、一部の、一部の心無い擬音によってこのような議論が起こってしまっていることを理解していただきたい

 

 

「急にどうしたの?」

そういう気持ちもわかる、僕だって大学4年の夏に擬音に対して記事を書くことなんてしたくない。

 

実は今、海に来ていてその民宿でこの記事を書いている、ニヤニヤしながら。時間の無駄である。他の友達はみんな頑張っている

 

はやくして子供が生まれて汗水たらして子供を育てるために働いている友達もいるし、教員になる試験の一次に受かってこれからまた勉強にギアを入れる友達もいる。僕は擬音に対して疑問を抱いている。

 

擬音はたしかに便利である

 

例えば

海の波を表すのにザブーン とか

身体を洗う時のゴシゴシ とか

 

その行動を説明するのに、簡略的にで表すことは想像を容易にし、意思の疎通に最適であるということはまぎれもない事実である

 

 

しかし、しかしだ

 

 

その圧倒的な便利グッズである擬音の中に、明らかにおかしいやつを発見した。そしてそいつが今回の記事の主役である

 

 

あの、

 

 

 

言いたい

 

 

 

 

はやく

 

 

 

 

言いたい

 

 

 

 

あの、

 

 

 

 

 

 

 

「スタコラサッサ」って意味わかんなくないですか????

 

f:id:nenzalife:20180806213955j:image

 

 

 

f:id:nenzalife:20180806213949p:image

 

 

 

[スタコラサッサ]

急いで逃げるさま。すばやく立ち去るさま。感動詞的にも用いられる。

 

 

全然よくわからない

 

 

そういえば、小さい頃から使っていたし、それになんの疑問も抱いてなかったし、日常に平然と鎮座していた

 

 

 

スタコラサッサ

 

 

なんだよスタコラサッサって。東欧のサッカー選手みたいなツラしやがって

 

セリエAのローカルクラブでちょっと活躍してそうな名前しやがって

 

そんなスタコラ選手を調べれば調べるほどに、脳がスタコラしていき、僕はこんなにスタコラについて真剣になっているんだと、スタコラしそうになった

 

そもそもスタコラサッサというのは、なんとなくの予想通り「スタコラ」と「サッサ」によってできているらしい。

 

スタコラの意味は 急いで歩く様子

サッサの意味は すばやい様子

 

 

互いに似た意味に感じるが、より具体的な様子を表す場合に両者は合体し、スタコラサッサと変身を遂げる。使い方はスタコラサッサと逃げる、だ。

 

 

ここで疑問が生じた

 

 

 

 

 

サッサ いらなくね??

 

そう、スタコラサッサという文言、実は「スタコラ」のウェイトが非常に重く、むしろスタコラだけで状況の説明がつく場合がほとんどである

 

 

いらないじゃん、サッサ、長くなるしスタコラだけにしよーよ。そんな声が聞こえる

 

 

 

しかしだ、

 

もしもスタコラサッサがスタコラになったら、なにかが足りない。そんな感情に襲われるのではないだろうか

 

 

 

 

我々はサッサを欲する身体になっているのではないだろうか

 

 

スタコラだけでは物足りない

 

あぁ、サッサ、どこへ行くの帰って来てヨォ

 

 

 

邪魔だと思っていたものを取り除いたとき、その邪魔なものは邪魔じゃなかった

 

 

 

そう感じることはないだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パセリという野菜をご存知だろうか

 

ステーキやハンバーグの添え物として登場するパセリはその8割が食べられることなく捨てられるという

 

パセリ農家は美味しいパセリを作るために愛情を込めて育て、収穫。みんなに食べてもらいたいという一心でだ

 

そんな愛情を込めて育てられたパセリはやっとの思いで食べられる、そんな時にこんな言葉を浴びせられるのだ

 

 

パセリ、邪魔じゃね?

 

 

どんな感情だろうか、想像もつかない

 

 

邪魔なものなんてない、

 

 

 

みんな大切

 

 

 

好き嫌いをせずにたくさん食べて元気に育とう

 

 

 

 

 

このブログは 日本パセリ推進協会 の提供でお送りしました

 

 

 

 

 

 

なに言ってんすかね、自分でもわかりません

 

 

@